広島県東広島市西条土与丸5-9-33

広島県,眼科,東広島市,白内障,緑内障,糖尿病網膜症,治療,硝子体,手術

眼瞼下垂

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

眼瞼下垂とは、まぶたが下がっていたり、開けづらくなったりする状態です。
目を開けていても黒目の部分が半分以上隠れてしまっていれば明らかに眼瞼下垂と言えますが、左右の目の大きさが少し違うといった程度のこともあります。

片方の目だけに起こることも両目に起こることもありますし、生まれつきの方やそうでない方もいます。
まぶたは年齢と共に多少下がってくることが多いので、成人の眼瞼下垂は必ずしも病気とは言えませんが、それによって視界が狭くなったり、目が疲れやくなったり、肩凝りや頭痛などの症状が起こったりする場合は治療を考えることになります。
また、何か別の病気の症状の一部であったり、ケガや手術の後遺症として起こったりすることもあります。

Page Top