広島県東広島市西条土与丸5-9-33

広島県,眼科,東広島市,白内障,緑内障,糖尿病網膜症,治療,硝子体,手術

その他の眼の疾患

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

近視

近視とは

遠くを見た時に、網膜よりも手前に焦点が結ばれてピントが合わず、物がぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。
角膜や水晶体による光の屈折率が強すぎることによる屈折性近視と、眼球が通常よりも前後に長いため、網膜よりも前方に焦点を結んでしまう軸性近視があります。
中学生ごろになって診断される近視のほとんどは軸性近視で、遺伝的要素が多いと報告されています。
ここでは、軸性近視について説明します。

近視は病気?

狭い意味では近視は病気ではありません。しかし、広い意味では病気になります。
軸性近視が進むことによって網膜が薄くなると、網膜剥離近視性網脈絡膜萎縮が起こりやすくなったり、黄班部に新生血管ができて眼底出血の原因にもなるからです。

近視と仮性近視の違いは?

近視と仮性近視の関係は、近視の前の段階が仮性近視ではありませんが、仮性近視から近視に移行することはあります。
仮性近視は、偽近視や調節緊張性近視とも呼ばれ、一時的に調節能力が失われ視力が低下する状態で、点眼薬などの治療によって改善します。

近視になったらどうするの?

近視になったからといって、日常生活に支障をきたさなければ、すぐに眼鏡をかけなければならないということはありません。黒板の字が見えにくくなるというような不都合が生じてきたら眼鏡をかけてください。
また、眼鏡を常にかける必要は無く、黒板や遠くを見る時など必要に応じてかければ良いのです。眼鏡をかけたり外したりしても、近視の度が進むようなことはありません。
コンタクトレンズは取り扱いや管理などが大変なので、小学生の間は眼鏡をかけることをお勧めします。
使用する時は眼科の医師と相談の上決めましょう。

老眼

老眼は、年齢とともに水晶体の弾性が失われることにより、目の調節力が衰える状態のことです。
老眼になると新聞の字などが読みづらくなったり、字を書いたりする時に見づらくなったりします。
また、老眼の初期には、遠くを見た後、すぐに近くを見る時になかなか焦点が合いづらかったり、ぼやけた感じになります。

老眼は何歳くらいから出るの?

個人差がありますが、40歳過ぎから徐々に症状が現れます。
老眼は誰にでもなりうる症状ですから、見えづらくなった時は我慢せずに老眼鏡や老眼用のコンタクトレンズなどで矯正すると良いでしょう。
老眼鏡をかけることで、老眼が進行することはありません。

老眼を予防する方法は?

老眼を完全に予防することはできませんが、遠くと近くを交互に見つめて目のピントを合わせる力を高めるトレーニングをするのが良いとされています。
毎日続けることが大切です。

飛蚊症

症状

白い壁や青空などを見つめた時、目の前に虫や糸くずなどのような『浮遊物』が飛んでいるように見えることがあります。
このような症状を飛蚊症と呼んでいます。

飛蚊症の原因は?

眼球の中の大部分は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質が詰まっています。
ところが透明な物質に何らかの原因で濁りが生じると、その濁りの影が網膜に映り、眼球の動きとともに揺れ動き、あたかも虫や糸くずが飛んでいるように見え、飛蚊症として自覚されます。
飛蚊症の原因には、生理的な物と病的な物があります。病的な物では、網膜裂孔網膜剥離糖尿病網膜症による眼底出血ぶどう膜炎など多くの疾患があります。

飛蚊症の治療法は?

生理的な物は、歳をとると髪の毛が黒から白になるように、ゼリー状の透明な硝子体が濁ってくる物で、吸収されないので飛蚊症は消えませんが、次第に慣れてきます。
網膜裂孔や網膜剥離、糖尿病網膜症など放っておくと失明に至る病気の場合には、早期にレーザー治療や手術治療などが必要です。また、ぶどう膜炎では点眼治療などで症状が無くなることがあり、症状を感じたら早めに眼科で検査を受け、医師の指示に従ってください。
早期発見・治療が大変重要です。

ドライアイ

涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。現在、日本では約800万人ものドライアイの患者様がいると言われています。
ドライアイになると目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の不快感を生じ、日常生活の質を著しく下げることがしばしば起こります。目を使い続けることによる視力の低下も起こります。

ドライアイの原因は?

生理的な物では、加齢による物があります。また、女性の方が男性よりドライアイになりやすいことが知られています。
他の要因としては、パソコンなど、モニターを見つめる作業を長時間行うことや、空気の乾燥(冬の季節やエアコンの吹き出し口に当たる所)、ソフトコンタクトレンズ装用、喫煙、血圧を下げる薬や精神疾患薬など「抗コリン作用」を持つ薬、点眼薬の中に含まれる防腐剤などがあります。
シェーグレン症候群という、涙腺、唾液腺に対する自己免疫疾患では、強いドライアイを生じることがしばしば見られます。

ドライアイの治療は?

症状が軽い場合は、潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。人工涙液、ヒアルロン酸製剤などが用いられます。
また、ドライアイを引き起こす環境を改善することも必要です。例えばパソコンなどの作業では、瞬きの回数が減るのでドライアイ症状を悪化させます。適度の休みを取ることが目の健康に重要です。目の保湿を図るために、加湿器を用いたり、エアコンの設定を変えるなども有効です。
眼鏡の周りに覆いを付けることも、目の周りの湿度を上げるのに有効です。涙の状態を悪くさせる内服薬、コンタクトレンズ装用などを減らすことも一つの手です。
それでもドライアイが改善しない場合には、涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断するような治療を行うこともあります。プラグの大きさや材質など、いろいろな物が開発されています。

結膜炎

結膜炎とは、まぶたの裏の赤い所や白目の表面が赤く炎症を起こす病気のことです。
結膜炎になると、結膜が赤くなり、目やに・涙が増え、かゆみ、しょぼしょぼ感、ゴロゴロ感などが現れます。
原因は、ウイルスや細菌、アレルギー性などがあります。

結膜炎は人にうつるの?

人にうつる結膜炎の代表は、ウイルスによる物です。
集団的に発生し、いわゆる“はやり目”と言われる物で、目やにや涙によって伝染します。
伝染性が非常に強いので、感染予防がとても大切です。この病気に有効な点眼薬はありません。
ウイルスに対する抵抗力をつけるため、休養を十分にとって体力を落とさないことが必要です。
また、補助的に他の感染を起こさないために抗菌点眼薬や、炎症を抑えるためにステロイド点眼薬などを使用します。
頻繁に手洗いをすること、タオルを人と別にすること、煮沸消毒できる物は煮沸して人にうつさないよう十分注意しましょう。

アレルギー性結膜炎は治る?

アレルギー性結膜炎の特効薬はありません。抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬によって症状を和らげる効果はありますが、根本治療ではありません。
アレルギー疾患の症状を抑えるためには、直接の原因であるアレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)を取り除かなければなりません。そのためには、自分はどのアレルゲンでアレルギーが起きているのか、自分の病気をよく理解し、環境に気を配ることが重要です。
アレルゲンには季節性に起こる花粉、一年中症状を引き起こす家の中のダニやほこり(ハウスダスト)があります。
花粉に対してはマスクやゴーグルをしたり、ハウスダストに関してはまめな掃除が効果的です。
点眼薬に関してはステロイド点眼薬など副作用がある薬剤もありますので、医師の指示に従って適切な薬物療法を行いましょう。
いずれにしても、目が充血していたら伝染性の結膜炎の可能性もありますので、眼科での診察を受け、医師の指示に従ってください。

流涙症

涙は目の表面を潤したのち、目がしらにある涙点という小さな穴から吸い込まれ、涙小管・涙嚢・鼻涙管を通って鼻腔に排泄されます。この涙の排泄路を涙道と言います。
通常は涙が外にこぼれることはありませんが、分泌が増えたり排泄が悪くなったりすると涙が外にあふれるようになります。これを流涙症と言います。
涙道が詰まると、常に涙があふれるためしょっちゅう涙を拭いていなければならず、目のふちがただれたり、うるんで見えにくくなったりします。また、目やにもよく出るようになります。

流涙症の原因は?

涙の分泌が増えるのは結膜炎や角膜の傷などのような眼の表面の病気が原因であり、涙の排泄が悪いのは涙道の詰まりすなわち涙道閉塞によることがほとんどです。
また、赤ちゃんの中には、鼻涙管が鼻腔に開く所が粘膜で覆われたままになって開通していないことがしばしばあり、この状態を先天性鼻涙管閉塞と言います。このような赤ちゃんはいつも目がうるんでいます。
さらに、涙嚢内に粘液や膿が貯まり、これが目やにとなって出てくるようになった物を新生児涙嚢炎と言います。

流涙症の治療は?

治療方法には、涙道の閉塞した部位を再疎通させチューブを挿入して治すチューブ挿入術と、涙道の閉塞した部位に直接鼻腔に通ずる吻合孔を作る涙嚢鼻腔吻合術(るいのうびくうふんごうじゅつ)があります。
当クリニックで行っているチューブ挿入術は、涙道内視鏡で涙道内の閉塞部を観察しながら、閉塞を解除させます。閉塞が無くなった涙道に、直径1mmのチューブを挿入します。約2ヶ月間留置します。
先天性鼻涙管閉塞の場合には、生まれた時点で鼻涙管が開通していなくても、成長に伴って自然に開通して治癒する場合があります。涙嚢マッサージという方法は、自然治癒の助けになると言われており、安全な方法ですので、赤ちゃんが小さいうちはまず試みてよいと思います。
症状が改善しない場合には、ブジーと呼ばれる細い棒状の器具を涙点から挿入して閉塞部を開放する涙道プロービングという方法が非常に効果的で、多くは短時間の治療で劇的に治癒します。

Page Top