広島県東広島市西条土与丸5-9-33

広島県,眼科,東広島市,白内障,緑内障,糖尿病網膜症,治療,硝子体,手術

加齢黄斑変性

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気のことです。モノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜で刺激として受け取り、その信号を脳に送るために視神経に伝達します。その網膜の中心部分が黄斑です。

黄斑が変化すると、モノがゆがんで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、視力が低下するなどの症状が出ます。加齢黄斑変性は、糖尿病網膜症、緑内障とともに、失明を引き起こす病気として注意が必要です。

Page Top