東広島市の眼科福島眼科クリニック。白内障、緑内障、糖尿病網膜症、治療、硝子体、手術など対応しています。

福島眼科クリニック

〒739-0007
広島県東広島市西条土与丸5-9-33

082-421-4611

メインメニューを開く
医院案内

診療方針

患者さまに納得していただけることを、新しい知見に基づいた医療を行います。 より良い医療サービスを提供するために、改善する努力を怠りません。

福島眼科クリニックは、広島県東広島市の当地に2006年3月に開院しました。

コンタクトレンズ診療や結膜炎などの一般的な目の病気から、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜剥離などの手術治療も行っています。

今後も、地域の皆さまとの信頼関係を大切にして、皆さまが目について困っていることや不安に思っていることを少しでも緩和し、いやされ安心されるようにスタッフ一同、お役に立てればと思っています。

眼科の医療は日々進歩しており、先進医療における専門性がますます高まっています。すべての眼科領域の進歩について遅れることが無いように、学び続ける努力を、医師を含めスタッフ全員が怠らないようにしなければなりません。

しかし、当然のことですが当クリニックだけでは診療に限界があり、すべてをカバーすることはできませんので、近隣の専門機関としっかり連携をとって、必要な時期に医療機関での精密検査や治療を受けていただくようにしています。

地域の皆さまにご納得いただける治療を受けていただくことを目指しています。

基本情報

医院名 福島眼科クリニック
TEL 082-421-4611
FAX 082-421-4612
住所 〒739-0007
広島県東広島市西条土与丸5-9-33
診療項目 眼科

診療時間

 
09:00~12:00
(11:30)
院長、
副院長
手術 院長、
副院長
院長、
松浦医師
院長、
副院長
院長
15:00~17:30
(17:00)
院長、
副院長
手術 院長、
松浦医師
手術
院長、
副院長
院長、
副院長

【休診日】水曜午後・土曜午後・日曜・祝日 ※火曜は終日手術のみ
【注意点】
・当クリニックで初めてコンタクトレンズを処方の場合
・コンタクトレンズの処方内容に変更のある場合
・メガネ処方の場合
上記受付は午前11:30まで、午後は17:00までとなります。

設備紹介

院内のご案内

診察室

診察室は2部屋あり、撮影した眼底の写真などをご覧になりながら説明や診察を行います。また、プライバシーを大切にしています。

視力検査室

ゆったり座って検査していただきます。

暗室

視野検査やレーザー治療などを行います。新しい機械を揃えています。

トイレ

バリアフリーに配慮し、段差を無くしておりますので、車いすの方でもスムーズに移動できます。

リカバリールーム

日帰り手術の後に、しばらく安静にしていただく部屋です。

手術室

多種多様な症例に対応できるように、さまざまな機械を揃えています。

検査機器

前眼部カメラ

白内障や眼底写真をその場でご覧いただけます。
目の状態や病気を分かりやすくご説明します。

オートレフラクトメーター

近視、遠視などの屈折状態を調べます。

スペキュラーマイクロスコープ

角膜内皮細胞を調べます。
コンタクトレンズを使用されている方には無料で検査し、角膜の病気が無いかどうかチェックします。

光学式眼軸長測定機 Zeiss IOLマスター

接触すること無く眼軸(目の長さ)を瞬時に測定することが可能です。
白内障手術の際の眼内レンズの選択に必要な検査です。

Aモード眼軸長測定機

白内障の混濁が強く光学式で測定できない患者さまに対しても測定できます。

光干渉断層撮影装置(OCT)

網膜の断層構造を詳細に撮影することができます。糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈分枝閉塞症、黄斑円孔などの網膜疾患、特に黄斑疾患の診断、治療作用の判定に有用です。

ハンフリー自動視野計

緑内障の診断、治療作用の判定に不可欠な検査を行います。

ゴールドマン動的視野計

緑内障の診断、治療作用の判定に不可欠な検査を行います。 特に、ゴールドマン視野計は、検査技師がゆっくり行いますので、視野検査が苦手な方でもできます。

無散瞳カメラ、蛍光眼底カメラ

ノンコンタクトトノメーター

細隙灯顕微鏡

炭酸ガスレーザー

眼科用レーザ光凝固装置

オプトス

オプトス2000Tx(超広角走査レーザー検眼鏡)は、一度に広い範囲をきれい画質で撮影することができる眼底撮影装置です。
従来の眼底カメラは60°程度の撮影画角でしたが、オプトスは200°の撮影画角があり、網膜の80%をカバーする範囲を撮影できます。これは、従来の眼底カメラの10枚以上の撮影範囲です。また、目に器械が触れることなく、短時間(0.4秒)で、従来の撮影時のようなフラッシュをたくことがないためまぶしくありません。瞳孔を広げずに検査できるので、検査後に見えにくくなることもありません。
糖尿病網膜症のスクリーニング検査や加齢黄斑変性の診断に有効な自発蛍光像、眼底疾患の判別や程度判定にかかせない蛍光造影像もできる新しい機械です。